スキルレベルに合わせる

ITスキルコンテンツマネジメントシステムを選ぶ際には、使用者のITスキルをしっかりと把握した上で選ぶことが重要です。例えばCSSやHTMLの知識がある人であれば、無料の基本的なもののみがあるコンテンツマネジメントシステムサイトを使用し、自分の好きなようにページを構築したあと、ブラウザで編集したり、他の人に編集してもらったりすることが可能です。

逆にCSSやHTMLの知識が全く無い場合、ブラウザ上で編集可能なこと以外のページ作成はできないので、構築の知識がある人に依頼した後、ブラウザ上で編集する必要があります。また、有料であればテンプレートが豊富で、メーカーからのサポートが厚いコンテンツマネジメントシステムがありますので、それらを利用するのが良いでしょう。

また、用途によっても選ぶサイトは変わってきます。例えば、動的なタイプと静的なタイプのものがあります。静的なタイプのものは、パソコンでサーバーにアップロードしたHTMLファイルの内容がそのまま表示されるものです。動的なタイプのものは、静的ページに比べてユーザー環境や検索語句などに合わせた柔軟なページを表示できますが、静的ページでは補えないシステムが必要になります。また、動的ページのほうがサーバーに負荷がかかりやすいため、アクセスの数や使用目的に合わせて選ぶ必要があるでしょう。

◆関連記事◆

UIのわかりやすさ

ユーザーコンテンツマネジメントシステムを導入する際の重要なポイントとして、UIのわかりやすさ、つまり使いやすさがあります。UIとはユーザーインターフェイスの略で、簡単に言えばユーザーの目に触れる部分、使用する部分のことです。

コンテンツマネジメントシステム選びにおいては、編集や制作のしやすさと言えるでしょう。構築の段階から自身で行うのであれば、その部分も含まれます。特に使う人々の中にCSSやHTMLの知識を持っている人がいない場合、ブラウザ上で見た目通りに編集できて、それが簡単であるというのは非常に重要な要素となります。たとえば「vibit CMS Neo」では、まるでブロック組み立てるようにシンプルな操作でページ編集が行えます。制作や編集知識のない人や子供でも簡単に楽しく編集できるようになっています。

vibit CMS Neo では、まるでブロックを組み立てるようなシンプルでカンタンな操作でページを編集することができます。おそらく子供でも楽しく上手にサイトを編集できそうです。

もちろん実際に使ってみた操作感が最も重要なのですが、例えば海外製のものであれば日本語での説明がないものもありますし、無料のコンテンツマネジメントシステムサービスであれば、メーカーからのサポートを受けることができません。現在では無料でも非常に質の良いものがありますが、一切の知識がないというのであれば、有料でサポートが充実しているサイトのほうが無難かもしれません。そのあたりは使用者のITスキルを踏まえて選ぶ必要があります。誰でも簡単にウェブページを編集できるというのが最大のメリットですので、使いやすさというのは非常に重要なポイントとなります

◆関連記事◆

コンテンツマネジメントシステム選び

今やウェブページ制作には欠かせないコンテンツマネジメントシステムですが、国内のもの、国外のもの、有料のもの、無料のものと非常に沢山のものがありますので、実際に始めるときにどれを選んだら良いのかわからない人も多いのではないでしょうか。今回はコンテンツマネジメントシステムの選び方のポイントを紹介します。

コンテンツマネジメントシステムコンテンツマネジメントシステムとは、ブラウザでウェブページを編集できるシステムのことです。普段からこれを使ってホームページの作成をしている方にとっては当たり前に感じるかもしれませんが、もともとウェブページを作るためにはHTMLやCSSの専門知識が必要不可欠でした。

しかしながらコンテンツマネジメントシステムによって、ブラウザ上で見たままを編集して、それをそのままウェブページに反映させることが可能になりました。このシステムができたおかげで、HTMLなどの専門知識がない人でも簡単にウェブページをデザインすることができ、会社でホームページを作っていた方にとっては、今まで制作会社に外注していたような仕事を自社内で行うことができるため、経費削減にも時間短縮にもなる非常に便利なものです。

また、データベースのような大枠が決まっていて、内容だけ変わるようなものに関しては、今までHTMLをその都度書いてアップロードする必要があったものが、ブラウザで編集するだけで内容を保存できるようになりたいへん便利になったのです。

◆関連記事◆