スキルレベルに合わせる

ITスキルコンテンツマネジメントシステムを選ぶ際には、使用者のITスキルをしっかりと把握した上で選ぶことが重要です。例えばCSSやHTMLの知識がある人であれば、無料の基本的なもののみがあるコンテンツマネジメントシステムサイトを使用し、自分の好きなようにページを構築したあと、ブラウザで編集したり、他の人に編集してもらったりすることが可能です。

逆にCSSやHTMLの知識が全く無い場合、ブラウザ上で編集可能なこと以外のページ作成はできないので、構築の知識がある人に依頼した後、ブラウザ上で編集する必要があります。また、有料であればテンプレートが豊富で、メーカーからのサポートが厚いコンテンツマネジメントシステムがありますので、それらを利用するのが良いでしょう。

また、用途によっても選ぶサイトは変わってきます。例えば、動的なタイプと静的なタイプのものがあります。静的なタイプのものは、パソコンでサーバーにアップロードしたHTMLファイルの内容がそのまま表示されるものです。動的なタイプのものは、静的ページに比べてユーザー環境や検索語句などに合わせた柔軟なページを表示できますが、静的ページでは補えないシステムが必要になります。また、動的ページのほうがサーバーに負荷がかかりやすいため、アクセスの数や使用目的に合わせて選ぶ必要があるでしょう。

◆関連記事◆